高尾山 6号路

撮影してきました

2度目の高尾山。 6号路から登り1号路で下山しました。 1号路は舗装されていて歩きやすいのですが、坂道を延々と下っている感があって山を下っているという感覚は薄かったです。
今後1号路は使わないかな。 

前回の高尾山登山記事はこちら

6号路の紹介

全長:3.3km

所要時間:上り90分、下り70分

難易度:★★★★☆

高尾山マガジン

歩き始めの最初は舗装路ですが、高尾病院を超えたあたりから登山道になります。 足場が悪いので比較的しっかりとした靴で登ることをお勧めします。まぁクロックスで登っている人もいましたけど。

全長3.3㎞ 途中に工程表があるので自分が山頂までのどのあたりにいるのかわかります。途中で看板も出ているので迷う事もなく山頂を目指すことが出来ます。僕みたいな初心者にも安心。

Googlemapのアインラインから工程履歴を見てみました。 6号路のGPSは途中まで補足出来てますが、途中でロストしてしまい、直線になってしまってますね。稲荷山展望台へは今回訪れていないのでGoogleが近くの場所を選んでくれたのでしょうか。

登山最初は渓流を右手に見ながら登て行きます。水辺を歩くので比較的涼しく夏場でも歩きやすいです。 僕はこの渓流で撮影するのが主目的だったりします。


登山も中盤まで来ると険しくなってきます。クロックスの人はここまで登ってきてるのかしら? こんな岩がゴロゴロしたところを登っていきます。夏は涼しくていいですね。

終盤には地獄の階段が待ち構えてます。ここまで気持ちよく上がってきたのに階段はしんどいです。皆さん黙々と上がっていきます。

階段エリアが終わると舗装されたエリアへ出ます。 5分ほどで山頂です。 

この日は水筒500mlとポカリスエットのペットボトル500mlをもって登りました。車にはクーラーボックスを用意して大好きな炭酸水をキンキンに冷やしておきます。これを下山後に飲むのが楽しみです。

登山中に撮影した写真の紹介

今回撮影する前に試したいことがありました。色味を撮影時に合わせるという事です。前回の長野へ撮影旅行した際にホワイトバランスを合わせて撮影してみたのですが、LRへ読み込むとずれてしまっている感覚がありました。

そのため、今後はRaw+Jpegで撮影してJpegデータの色見を見ながらRawを現像するという方法をとりました。Jpegのほうがイメージが合えば今後Rawで撮影しなくてもいいですしね。

この写真はRawでは緑がかぶってました。そのためJpegを元に水流の部分を調整したのち奥の緑と手前の葉の露出をフィルタを使って調整しました。JPEGでは暗くて表現できなかった倒木の全体質感を出すことができました。

こちらはC-PLフィルタを使って撮影してます。PLを利かせすぎると水のテカリが薄くなり水辺の雰囲気が出なくなるので若干岩肌のテカリを残した状態で撮影してます。緑の雰囲気など現地の状況を再現できていると思います。陽のあたりが少ない湿った感じです。

こちらは70㎜近辺で撮影しました。手前の岩から奥の川を引き寄せて撮影してます。F11まで絞って撮影しているのですが奥はピントの外ですね。次回以降はピント位置や被写界深度合成などを使うことにトライしたいと思います。

まとめ

高尾登山は運動不足解消にちょうど良いです。今後も定期的に上りたいと思います。 今後は6号路で登って稲荷山コースで下山するのを定番コースにしたいと思います。

写真撮影はJPEGをうまく使って現地で色合わせすることを意識して撮影するようにしていくことで色再現をより意図的に出せるようにしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました