本サイト開設までのステップ

インターネット関連

サイト開設の準備

この記事を目にしたあなたは何らかの理由でサイトを立ち上げたいと思っている方かと思います。
僕は写真撮影の技術を向上させたいという目的で本サイトを立ち上げました。
サイトを立ち上げる手段として大きく分けて2つの種類で分類しました。

  • 有名なブログ運営サイトを使う(Amebaやライブドアなどの有名サイト)
  • サーバーを借りてWordpressなどのCMSを用いたサイト構築

僕は後者を選択しました。理由は自由にページをカスタマイズしたいと思ったからです。テンプレートを用意しているブログサイトは操作方法は簡単ですがカスタマイズ要素が少ないです。またドメインも自分で決めることが出来ないのも要因の一つでした。学ぶ要素も多くおもしろそうだと思いサーバーを借りてCMSを使ったサイト運営にチャレンジしました。

実際の手順

全体の流れ 

簡単に全体の流れを説明します。

  1. レンタルさせていただくサーバーを決める
  2. サーバーの設定を構成する
  3. CMS(Wordpress)をインストールする
  4. WordPressの設定を構成する
  5. 自分好みにカスタムする

レンタルサーバーを決める

様々なレンタルサーバーがありますので自分の好みで選択する必要があります。僕は初期投資を抑えたかったので無料サーバーとして貸し出してくれるところを探しました。ドメインも欲しかったのでスターサーバーが僕の希望に合致しました。 StarDomain でドメインを申請すると無料でサーバーを貸し出してくれました。 サーバーの容量を増やしたかったり機能を増やしたければ途中で有料への切り替えも可能です。皆様も自分の要望に即したレンタルサーバーを見つけてください。自宅に立てることも少し頭をよぎりましたが、年間1,000円以下で運営させていただけるのであればレンタルしたほうがお得ですよね。僕は「.com」のドメインなので年間880円でした。

指示に従いながらドメインを決めます。4cuson.com というドメインは4をフォーと読ませることで「FOCUS ON」のドメインとしました。

サーバー設定

ドメインを指示にしながら取得できたら次はサーバー側の設定です。ドメイン管理画面にサーバーの設定も存在するので簡単に構築することが出来ます。僕は無料サーバーの申請をここから行いました。

サーバー管理画面では構成を行うためいくつかやることがあります。

  1. SSL化対応
  2. CMS Wordpressのインストール

SSL化対応

GoogleさんのポリシーによりSSL化サイトのほうが検索の上位に来るという事のようです。ブログのコンテンツを作ってからSSL化するのは手間ですが最初に実施しておけば以降SSLの設定する必要がないのでぜひ設定してください。

WordPressのインストール

簡単設定でCMSの一つであるWordpressをサーバーへインストールすることが出来ます。データベースやPHPのインストールなど意識することなくWordpressをインストールすることができるので初心者の僕には大変助かりました。

.htacecessの変更

一連の作業で唯一リスクのある作業です。この作業をミスするとアクセスできなくなる可能性があるので慎重に行う必要があります。.htacessというファイルがあります。Webサーバーの設定ファイルです。サーバー管理画面からFTPアカウント管理を選択します。ログインからFTPでアクセスし対象のファイル.htacessを探し出します。探し出したら編集ボタンを押してファイルに以下を貼り付けます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

これでサーバー側の設定は終了です。続いてはインストールしたWordpressの設定です

WordPressの設定

WordPressのへログインすることで管理画面が表示されます。左側から必要な機能の設定を呼び出します。

サイト設定

最初に行うのはWordpressのサイト設定です。設定→一般設定を選択し、WordpressのURLとサイトのURLを入力します。この際httpではなくhttpsで入力します。

テーマインストール

続いてはテーマのインストールです。これはサイトの顔になるのでじっくりと選んでください。僕も最初はSTINGERというテーマを検討しましたが最終的にはCocconを選びました。日本の方が開発したテーマでカスタマイズの記事も沢山インターネットにあります。カスタマイズの柔軟性も高いですし、必要な機能は全て実装されているのでプラグインなどを必要としなくても運用することができます。テーマのインストールはCocconのテーマをサイトからダウンロードしてWordPressのテーマ設定画面でZipファイルをアップロードすることでインストールできます。

子テーマの有効化

このテーマは小テーマの仕組みを採用してます。テーマを親と子つまり2面保持し子テーマを編集していきます。子テーマで編集した箇所は小テーマが採用され、それ以外は親テーマが採用されます。これによりテーマのアップデートが発生し、親テーマが入れ替わっても小テーマの差分は上書きされないという特徴を持ってます。ただし必要に応じて子テーマへ親テーマの差分を変更する必要があるかもしれませんね。 気づくまでは子テーマは今のままで行こうと思います。子テーマをインストールしたら忘れずに小テーマを有効化してくださいね。

Cocconの設定 

  1. SSL設定
    サイトをSSL化しましたので、CocconもSSLへ対応させる必要があります。
    Coccon設定を開くとたくさんのタブが表示されますがその他を選択します。
    内部URLをSSL対応する にチェックを入れて保存します・
  2. スキンの適用
    スキンはサイトに加飾することができます。選択しなければ無色です。シンプルで好きなのですが、青が好きなのでCOLORのブルーをこのサイトには適用してます。

トップページをカスタムしていく

ここまで作業時間は30分ほどです。特にはまる場所もなくコンテンツを作成する前なら手戻りさせることも可能です。僕はSSLなしで立ち上げてしまったりと2-3度やり直しました。

最後に

サイト運用を開始にあたり行ってきたことを記事にしておきました。他のサイトを作成する際に読み返してスムーズにたちあげられるようになれたらいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました